基本は使わないが時と場合によっては利用したい

§テーマ:金融業者からお金を借りる

金融業者のオペレーター

金融会社でお金を借りるのはイメージのこともあってできることなら利用しないでおこうという意識は私の中でも根強くあります。

しかし、実際には住宅や自家用車などを高額なものを購入するときはほとんど選択肢として金融機関にお金を借りることになるので、必ずしもお金を借りずに日常生活を過ごすというのも現実離れしていると思います。

そう考えると時と場合によっては上手に金融会社でお金を借りることもありえると今では考えています。

しかし実際に利用するときはやはり計画的に借りたいと思いますし、お金を借りるということは利子を払うことになるので利子を払ってまでも利用するメリットがあれば十分に利用する価値があるように考えています。

例えば販売が限られていて購入する機会が今しかない商品を見つけた場合で、手持ちに現金もなくクレジットカードも利用できない場合だと、キャッシングを利用することで利子を余分に少々払ってもその商品を購入する価値があると思えば利用するだろうと思います。

定期預金などで途中解約する損失と天秤にかけてキャッシングの方が有利だとキャッシングを利用するほうがいいと思います。

いくらぐらいだったらキャッシングするかといえば、やはり家計が破綻する可能性がほとんどない範囲になるので10万円から20万円ぐらいの範囲だと思います。

これぐらいの範囲だともし月々の支払いに困るようなことがあってもなんとかお金の工面をしてキャッシングの支払いに回せると思います。

出来るだけキャッシングは利用したくない。

普通に生活していれば、普通に仕事をしていれば、それ程お金に困ることは無いと思います。
もちろんお金の使い方は人それぞれですので、派手に使うようであれば足りなくなるかもしれませんが、私はそこまでモノに執着していないので、どちらかというとお金は貯まる方かもしれません。

ということで、基本的にはキャッシングなどを利用することは無いと思っていますが、もし仮に病気などによって働くことができないようになれば、困ることにはなるでしょう。

そんな時、どのように対処するかですが、働くことができないということは、返すことができないということになりますよね。
それでもキャッシングを利用するべきか、と考えますが、それは無理ですよね。
返すことを前提に借りるわけですから、それは結果踏み倒すことになるでしょう。
あるいは自己破産など、法的な手続きを取ることになります。

では、突発的にお金が必要になった場合はどうするでしょう。
一番に考えるのは身内に借りるという事でしょうか。
なるべく世間様に迷惑を掛けないというか、家族で対処出来れば良いと思います。

もしその家族の手を借りることができない場合、もしかしたらキャッシングを利用するかもしれません。
一応返す当てはあるという条件の元ですが、出来るだけ少額に抑えたいです。
必要最低限だけ借りるということですね。
例えばあと10万円足りないのであれば10万円で、といったところです。

個人的には、お金を借りるという行為は好きではありません。
あるだけで、身の丈に合った生活をするのが基本だと思いますね。

とあるライブ会議の時悔しいけど電車賃のためにわずかなお金を!

今から半年くらい前の話しですが、本当にお金がなくて困った事態、しかもとっても恥ずべきことが起こりました。それは私がちゃんと計算していなかったのがいけなかったんです。

岡山北長瀬のジョイフルで安い定食系のメニュー食べて帰りの電車賃くらいは普通にあるだろうとその日も自分で思い込んでいました。

確かに財布の中にはぎっしり小銭が入っていたので!そしてジョイフルで会計したら意外にも洋食セットとかセット価格でしたが、自分の計算間違いのため思ったよりプラス100円近く上の値段がかかってしまいました。

そして四人集まっていたのでポテトとかみんなで割り勘したんで本当に予想以上に会計の時にお金を払わざるおえませんでした。

これにより帰りの北長瀬から鴨方駅の電車賃が580円でして、私が持っているのはお金わずか500円でした。喉元までお金借してくださいと言いそうになっていました。

むしろ一駅でも歩けば体力ロス時間ロスになるので借りたいけどあえて、後から電子乗るわ!ちょっと忘れ物したからと友人に伝え、後から電子乗るというのは、嘘で友達を先に帰らせ私は一駅分歩いたので500円以内でお金借りることなく無事家に帰れました。